今を大切に

Just another WordPress site

今を大切に header image 2

どうして歯を白くできるのですか?

2018年10月24日 · コメント(0) · 美容

ホワイトニングに用いる過酸化水素は、分解するとフリーラジカルが発生します。
このフリーラジカルには、歯の着色有機質に含まれる二重結合部分を切断する働きがあります。
この働きによって、着色有機質は分子が細かくなり、色が無くなっていきます。
ホワイトニングは、このような仕組みで、歯の明るさが上がり歯が白くなっていくのです。
歯の明るさを上げて歯を白くするため、自然な感じの白色に見えます。
ホワイトニングは物質を溶かすやり方ではなく、色が変わるだけですので、歯が傷つくことはありません。
オフィスホワイトニングでは、この反応を促進するため、レーザーやプラズマを照射します。
また最近では触媒として二酸化チタンや窒素を配合するホワイトニングを行われています。
ホワイトニング剤と呼ばれる薬剤の主な成分は過酸化水素や過酸化尿素ですが、
これらの成分は、一定の温度になると水と酸素に分離され、発生した酸素が歯に付着した着色物を分解します。

歯を白くするには歯磨き粉選びが重要

タグ :

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。