今を大切に

Just another WordPress site

今を大切に header image 2

食事療法による対策・改善方法

2018年05月17日 · コメント(0) · 美容

頻尿はトイレが近くなって生活に支障が出てしまうやっかいな症状です。
頻尿の原因は色々ありますが、、加齢による腎臓や膀胱機能の衰えが最も多いとされています。
「食は医なり」という格言があります。いわゆる医食同源のことです。
ヒトの身体は食べ物が材料となって出来ていますので、食べ物による病気の予防や治療が以前から行われてきました。
そのような考えに基づいて頻尿を改善するには、どのようなものを食べればよいのでしょうか?
頻尿は腎臓の衰えが原因になっているケースがあります。
腎臓機能の衰えによって、睡眠時の尿の量を減らす作用の低下を招きます。
夜間にも昼間と同じ程度の尿を作る多尿による夜間頻尿などが問題になります。
腎臓に良い食べ物は、「ゴボウ」、「山芋、里芋」、「栗」、「しじみ」、「大豆などの豆類」、「キャベツ」「トウモロコシ」、
「キノコ類」、「クルミ」、「胡麻」、「はと麦」、「スイカ」、「冬瓜」などがあります。
ただし、冬瓜やスイカは利尿作用を持っていますので、頻尿対策用の食べ物としては適していません。

夜間 頻尿 サプリ

 

 

タグ :

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。