今を大切に

Just another WordPress site

今を大切に header image 2

2014年11月24日 · コメント(0) · 美容

Vラインのアンダーヘアをデザインするにあたって、最も主流なのが逆三角形型です。
これは、おへそに近い部分が三角形の底辺となり、Iラインに近い部分が頂点となる形です。

三角形の大きさをどうするかについて、個人差はありますが、
少し小さめを希望する女性が多いようです。

なぜなら、小さめにしておくと、どんな水着や下着を着用しても、アンダーヘアが見えないからです。

また、逆三角形型が人気の理由として、見た目の自然さがあげられます。
たとえば、温泉や銭湯へ行ったとき、他のお客さんに見られたとしても、
この形であれば、全く違和感がありません。

また、パートナーに見られた場合でも、ある程度アンダーヘアは残っていながら、
形が綺麗なので、好感度もアップするはずです♪

温泉に行く機会が多い女性や、パートナー、友人に見られた時の恥ずかしさが気になる女性は、
逆三角形型を選ぶといいと思います。

それから、逆三角形型をデザインするのであれば、フラッシュ脱毛で行いましょう。

逆三角形型は、細かいデザインがいらないので、光の照射範囲が広いフラッシュ脱毛で、
充分に対応することができます。

施術方法としては、まずVラインの両サイドと、おへその下にある毛を必要によって脱毛します。
この逆三角形型は、とても脱毛しやすい形なので、終了した時に「こんなはずじゃなかった!」と落胆する心配もないでしょう。

また、フラッシュ脱毛であれば、光の照射範囲が広いので、施術時間がとても短いのも嬉しいところです。
いくら紙ショーツで隠れているとはいえ、他人にまじまじと見られるのは恥ずかしいですからね。

そして、フラッシュ脱毛は、他の脱毛法と比べて痛みが少ないのもメリットです。
アンダーヘアが生えている場所は、腕や足よりも皮膚が薄くなっています。
なので、低刺激の方が安心です。

このように、逆三角形型は、Vラインのムダ毛を少しは残したいけど、キレイに形を整えたい!
という女性にオススメのデザインです。

タグ : ···

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。